周りとの調和をとる「自己プロデュース力! 人を変えず、自分も変えず。 10分で読めるシリーズ」

今回はひまわりさんの著書、「自己プロデュース力!人を変えず、自分も変えず。10分で読めるシリーズ」について出していきます。

この本はあなたの最強のプロデューサーは「あなた自身」というのがキャッチフレーズな自己啓発本です。

周りの人がモテるのはなんでだろう?私がモテないのはなんで?

あの人とうまくいかないのはなんで?

それは自己プロデュースがうまくいっていないからです。

自己プロデュース力! 人を変えず、自分も変えず。 10分で読めるシリーズ

なぜ自己プロデュースが必要なのか?

いきなり自己プロデュースと言い出しても必要ないのではないか?と思うでしょうがそうでしょうか?

うまくいかない相手なんてたくさんいるでしょう。

そんな相手を果たして変えられるでしょうか?

相手を変えるということができるのであればうまくいかないなんてことがないはずです。

では、自分なら変えられるのではないでしょうか?

しかし、自分を変えるということは長年の習慣を変えることになります。

そんな自分を変えることをせずともいい方法があります。

自分の売り込み方を変えるというだけです。

そして、その売り込み方というのが自己プロデュースです。

そのために人を変えず、自分も変えず。自己プロデュースをする。

そのためにはやらないといけないことがあります。

自分の特徴を知る

まずは自分の特徴を知る必要があります。

その自分の特徴はマイナスなことでもいいんです。

背が低いというのであっても背が高い人にはない利点があります。

そのためにもまずは、身体的、内面的な特徴、嫌だと感じることを出していきます。

この特徴が武器であり、あなたのセールスポイントになります。

得意なこと

次にあなたに得意分野というのはありますか?

あなたにとって好きなことと得意なことは別なこともあります。

恋愛においては好きな人は振り向いてはくれないが、一定の周りの人が振り向くというようなものです。

そして最初は好きではなかったが、得意なことをやっていくうちに好きになるということもあります。

得意なことで成果を上げることで好きなことが入手出来たりもします。

不得意なこと

不得意なことは皆隠したくなるものです。

その不得意なことをむしろ隠さずに表に出すために自分の不得意なことを知るのです。

なぜ表に出すのかというのは得意な人にその不得意なことを任せるためです。

不得意なことをやっていてもうまくいきません、そこを得意な人に任せてしまえばうまくいきます。

人というのは頼られると自信がつきます。

印象にも残るでしょう。

もし、相手にたいして素直に不得意であると出したり、説明を聞くなどすれば謙虚であると思ってくれます。

楽しいこと

あなたにとって楽しいことは何でしょうか?

散歩のように周りを散策すること?

ゲームで遊んでるとき?

あなたが楽しいと思えることは何でしょうか?

楽しいことをしているとキラキラオーラのようなものが出ます。

このキラキラオーラを出してる人はイキイキして見えます。

かっこよく見えます。

モテます。

そしてこの楽しいことは自己アピルで輝けます。

他人をどのように見ているのか

他人の見方などなにも関係ないように思うはずです。

自分を客観的に見るために他人を見ます。

  • 嫌いな人の態度
  • 不快感のある言動
  • 好感を持つとき
  • 人に言われてうれしい時
  • 感じがいいなと思う人

こんな人はいませんか?

これは、もしあなたが同じことを行ったときに回りからどう見られるかというのが分かるはずです。

嫌な人になるための嫌な人の態度。

好感を持ってもらいたければいい人の態度。

どのように人と接するかで印象が変わります。

やりたいこと

最後にやりたいことはありますか?

これを決めないと売り出し方が変わってきます。

ターゲットを決めたり、方法を決めたり、そんなことをしないといけません。

もし、モテたいというのならどのような相手にモテたいのか、そのためには何をするべきなのか。

人との関わりを改善したいのならどのように動けばいいのか。

そのためにも目的を決めて、達成に必要なことを行います。

セールスポイントは一つではなく、セールス方法も一つではない

得意なことや好きなこと、楽しいことが1つではないようにセールスポイントも1つではありません。

そのセールスポイントも今が全てではなく、新たに見つけることもあります。

そしてそのセールスポイントが増えればセールス方法も増えます。

他の人に頼られるようなセールス方法もあれば、他の人が手を貸したくなるようなセールス方法、やり方もたくさんあります。

しかし、それもセールスポイントを見つけることで見つけることができます。

自己プロデュースを行うことで周りとの調和を保ち、自分のやりたいことをする。

そのためにもまずは自分のことから知る必要があるのではないのでしょうか?

今回は紹介してない内容もありますが、詳しく知りたい方は本をどうぞ

自己プロデュース力! 人を変えず、自分も変えず。 10分で読めるシリーズ

コメント